交通事故のときに生命保険は使えるのか

自分がどんなに気をつけていても、引き起こされてしまうのが交通事故です。交通事故にあったとしても怪我がなければ良いのですが、怪我をしてしまうケースはよくあります。怪我をしたときには加害者に対してお金を請求することが可能ですが、治療するためにはいろいろな費用がかかります。

そんなときに役立つのが生命保険です。

交通事故にあった場合に支払われるお金とは

交通事故に遭うと様々なお金が関係していきます。まず、怪我をしてしまったときに関係してくるのが治療費などです。このようなお金は損害賠償金として支払われることになります。具体的に加害者側から支払われるお金としては、交通事故に遭うことで生じた精神的苦痛に対する補償である慰謝料、車の修理費や、薬代などの治療費や交通費、着ていた服や持っていたものなどを賠償する損害賠償が支払われます。関連→アディーレ法律事務所:交通事故慰謝料

この二つの総額が合わさったものを示談金と言います。この示談金を支払うことによって事故関係の金銭的なやり取りが終わりになります。ただし、被害者と加害者の間で示談が成立しなかった場合は裁判所で調停を行う必要が出てきます。

一般的には双方とも保険会社の担当者が代行して示談を行いますが、少しでも示談金を高くしたいという場合には法律の専門家である弁護士を頼って交渉するというのもオススメです。

また、しっかりお金をもらうためには、通院をしっかり行うことが大切です。基準となる金額と通院期間によって治療費の金額は大きく異なってきます。当然しっかり通う方が治療費も高くなっていきます。体をちゃんと治すためにも通院などはきちんとすることが重要となります。

生命保険の適用

交通事故に遭うと示談金が入りますが、交通事故で入院することになると生命保険も適用されてお金が支払われます。生命保険の契約内容によっては、通院のときにも支払い対象になる特約をつけていれば条件付きですが給付金が支給されることもあります。

ただし、むち打ちの場合は他覚症状がある場合のみが適用されます。むち打ちのみの場合には生命保険は適用されないため注意が必要です。基本的には交通事故による怪我でも適用されますが、場合によっては上乗せ分の特約もつけることが可能となっています。

追加できる特約としては災害入院特約、災害割増特約、障害特約、特定損害特約です。交通事故のケアは、災害入院特約に適用されます。それ以外の特約は死亡保険に上乗せするものや、特殊な怪我を保証するものであり交通事故には適用されないため注意が必要です。

災害通院特約は保険会社によって保証内容は異なりますが、一般的には「通院特約の責任開始以降に通院することで、入院給付金が支払われる入院後の通院であること」が条件となっています。突発的に事故によって骨折や脱臼、腱の断裂などが起こった場合には特定損傷特約が利用できます。

これらの損害を負った場合には交通事故でも適用されます。

保険料を無駄にしない

保険料はいざという時のために支払っているものです。生命保険は交通事故が起こった場合に利用することが可能です。怪我に対する特約が付いていればそれを活用をすることによって保証を手厚くすることができます。ただし注意したいのが怪我に対する特約は保険料も安いため、少しでも安い保険料のものを選びたいと思ってしまうと十分に活用できなかったり、他の保険と保証が被ってしまうこともあるため、無駄な保険料を支払っている場合もあるということです。

また、予算の関係上高い保険には加入できないこともありますが、保証の補填商品として怪我に対する特約までチェックしてから保険に加入することをオススメします。加害者の自賠責保険と自分が加入している生命保険の二つを同時に併用することも可能となっています。

自賠責保険は加害者が負うべき責任であり、損害賠償を支払う義務が加害者側にはあります。生命保険は自分に対してかけた保険ですので、同時に併用することによって働けない期間があったとしても安心して治療に専念することができます。

任意保険の場合には、保険を使ったら保険料が上がるというデメリットがありますが、生命保険の場合は保険を使っても使っていなくても保険料が変わることはないため、交通事故にあった場合には積極的に利用しましょう。

関連:責任が問われる交通事故問題

手続きの仕方

交通事故にあってしまい生命保険を活用する場合には、まず自分が加入している生命保険会社が医者に連絡をします。生命保険会社から書類が送られてくるため、それを医師に持って行き診断書を書いてもらいます。診断書以外にも、警察に届けられて確認されたことを証明する書類である交通事故証明書なども必要となります。

この交通事故証明書は窓口で申請する方法と、郵便振替での申請、自動車安全運転センターのウェブサイトで申請する方法があります。被害者自身が取りにいけないという場合には親族なども受け取ることができます。このような書類と診断書を集めたら、保険会社に送ります。

保険会社はその送られてきた書類を元に支払いの審査を行って、給付金が支給されるという流れになります。一般的には生命保険の給付金が支給される場合には、1ヶ月以上かかることもよくあります。通院保証などに関しては、加入している保険の条件によっては入院をせずに治療するだけでは保証されないこともあるため注意が必要です。

また、生命保険加入5日未満のときには入院保証が下りないことも多いとされています。また、支給金給付の条件が5日目からで4日入院した時には保険金が出ないこともあるため条件をしっかり見てから加入することが大切です。

むちうちで生命保険が適用されない理由

交通事故に遭うとよく起こるのがむちうちという症状です。しかし、多くの場合むちうちでは生命保険は適用されないようになっています。適用されない理由は生命保険会社によって理由は様々ですが、むちうちの場合痛みが当人しかわからないことが多いためです。

証明する人がいなければ痛みがないにもかかわらず、痛いと申告することでいくらでも不正を働くことができるようになってしまいます。そのため、生命保険では第三者による証明を求めるという意味で、痛み以外の他覚症状もあれば保険金が支払われるという形になっています。

むちうちの症状としては首や背中、肩あたりなどに痛みやコリなどを感じることになります。他にも頭痛や吐き気、めまい、耳鳴りなどの症状が現れます。骨折などのはっきりした症状があれば生命保険は支払われますが、通院理由がむちうちの場合は微妙で、ケースバイケースということもよくあります。

むちうちに関しては他覚症状がある、または入院していると理由がはっきりしてなければ支払われないと理解することが大切です。交通事故は自分ではどうしようもない事故でもあります。万が一の時にお金に困らないように考えて、役立つ生命保険を選ぶことも生きていく上では重要と言えます。